フルオーダーメイド映像・動画制作 目的や利用用途に合わせて、企画・構成から 撮影・編集を行います

フルオーダーメイド動画とは?

動画映像を活用するシーンはさまざま。
お客様からご利用目的や用途を丁寧にヒアリングし、ご希望や御予算に応じたベストな企画提案を行います。

フルオーダーメイド動画制作の流れ

フルオーダーメイド動画制作の為の5つのポイント

動画を作る前にまず以下の5つのポイントについてお考えください。この5つさえ押さえていただければスムーズに進みます。

動画を作る目的は何ですか?
最も大事なポイントです。より具体的に細かく落とし込んで考えてみて下さい。
目的を絞り明確にすることで、ブレのない分かり易い動画になります。
どこで見せますか?
何で動画を見せるかによって動画の中身が大きく変わってきます。
PC スマフォ タブレット 大型モニター デジタルサイネージ(電子看板)
誰に見せたいですか?
ターゲットを誰にするかでも動画の中身は大きく異なってきます。出来るだけ詳細にイメージしたほうが良いと言われています。
単に『若い女性』とするよりは『20代独身のOL』とここまで明確にイメージしましょう。
予算のイメージはいくらくらいですか?
動画制作と一口に言ってもたくさんのやり方があります。
こだわったものや簡易なもの・・・。お金をかけようと思えばいくらでもかかりますし、逆に簡単に作ろうと思えば安くでも作ることができます。お客様の方でおよその予算を決めていただければできることも見えてきて、スムーズかと思います。当社の価格帯で言えば大きく5区分。
・80〜100万円
・60万~80万円
・40〜60万円
・10〜30万円
・10万円以下
およそこの中でどれくらいの予算をかけることができるかをイメージできればスムーズです。
YouTubeの中からイメージに近いものを探してみて下さい。
今や皆さんご存知のYouTube(ユーチューブ)ですがこのサイトの中には世界中の膨大な動画がアップロードされています。見方を変えれば世界一の動画の見本でもあります。
自分が作りたい動画のイメージに近い動画を探してみて下さい。部分的に近いものでも大丈夫です。そうすればお客様の頭の中のイメージが制作者にもはっきりと見えてきてイメージの食い違いが起こりません。
目的別映像動画メニュー

商品紹介

商品の良さや特徴をよりリアルに体験でき、購買意欲をそそります。

対象企業様例

・製造業
・インターネットショップ

店舗紹介

お店の雰囲気、空気感まで伝わり行ってみたいと思わせます。

対象企業様例

・飲食店
・展示型サービス店

・イベント

求人

今時の就活生は動画世代です。 求人に動画を活用する企業が急増しています。

対象企業様例

全企業様

外国語

ナレーションやテロップを外国語にするだけで世界中のお客様に伝わります。

対象企業様例

全企業様

アニメーション/イラスト

映像動画の補足的な役割 撮影できないシーンなど 理解度を高めるためには大変効果的です。

対象企業様例

・製造業-製造工程
・イメージ動画

・教育機関

ドローンによる空撮

上空からでしか表現できないものがあります 使い方は無限大 。
国土交通省認可

対象企業様例

・デベロッパー
・リゾート施設

・建設業

会社案内

紙の会社案内が今時は動画でPR 効果的なだけでなく経費削減にも効果的。

対象企業様例

全企業様

インタビュー/メッセージ

熱い想いや人柄は映像ならバッチリ伝わります。

対象企業様例

全企業様